"地域社会"で学ぶ 地元の団地に住み、 地域で子どもを育てる視点を養います。

学生が春日部市内の武里団地に住みながら、
学校教育研修生やボランティアとして小学校での研修や団地内で地域活動を行います。
さまざまな立場、年齢層の住民と接することで
どんな人とでもコミュニケーションができる力を培うとともに、
地域ぐるみで子どもを育てる視点を養います。

武里団地に住む学生の声

使える時間が増えたことで、教育に対する学習意欲が高まります。

武里団地に住むことによって、小学校の授業以外にも登下校の様子や放課後の先生たちの様子など、リアルな現場を近くに感じることができます。私は、団地の学区内の小学校で教育実習を行い、時間的にゆとりをもって実習に取り組むことができました。空いた時間で、教育に対する考え方を自分なりに考えることができ、学習の意欲がさらに高まりました。

相葉 さん
新潟県立巻高等学校出身

地域の小学校で活動しています。

ボランティア

学生たちが主体になりさまざまな ボランティア活動を 行っています。

教育学部では多くの学生がボランティア活動に参加しています。例えば「さいたま土曜チャレンジスクール」では、土曜日等に子どもたちに勉強を教えたり、工作の宿題などをサポート。そのほかにも、春日部青年会議所主催のドッジボール大会の補助や「子ども大学かすかべ」の運営、小学校の夏休み中の学習サポートなどさまざまなボランティアを行っています。