News

【2020年4月】 加藤学長からのメッセージ

11.3_kyoei_3.jpg

毎偶数月の始め、「共栄最前線」と題して主として高校生の皆さん、共栄大学在校生の皆さんに向けて日ごろの私の思いをお伝えしています。

本来ならば4月のスタートにあたる今回の「共栄最前線」は、「あちらこちらで花が咲き乱れる、春爛漫の季節となりました」と言う言葉で始まるはずでした。確かに桜は咲き乱れ、満開となっている地域も少なくありません。桜は確かに咲きましたが、今回ばかりは春の訪れを楽しんでいる場合ではありません。遠い外国での出来事のように思えた新型コロナウイルスの蔓延がすぐそこまで迫り、我々全てに関わる緊急事態になったからです。

新型コロナウイルスに感染しないため。3つの密を避けるといわれています。即ち、「換気の悪い空間、密閉された空間を避ける」「手の届く距離に多くの人がいる密集の状況を避ける」「近距離で会話や発声を行う密接な距離を避ける」ことが求められています。もちろんそれだけを避けていれば良いというのではなく、必ず実行すべき事がいくつかあるはずです。人ごとだと思ってはいけない新型コロナ、自分だけは大丈夫と思ってはいけない新型コロナ、これまで例を見なかったこの危機に打ち勝つため、私は改めてみなさんに次の事を徹底して行うよう、強くお願いいたします。既に新聞、テレビ等の報道でお聞き及びの事だとは思いますが、「それはもう知っているよ」と軽く聞き流さず、ご自分で改めて確認をしてください。なぜならばこのウイルスは、これまで人類が経験してきたものとは違い、本当に恐ろしいウイルスであり、高齢者だけでなくあらゆる年齢層に、アジア人だけでなく全世界のあらゆる人たちに、もちろん男女の区別なくあらゆるジェンダーに降りかかる可能性のある今だかってない「人類共通の最悪、最強の敵」であるからです。

1.衛生環境の保持

改めて言うまでもなく、先ずはうがい、手洗いの励行をお願いいたします。外出時は手で顔を触る事のないように留意しつつ、帰宅されたら先ず第一に石鹸で手指の洗浄を行ってください。

2.定期的な検温の実施

1日3回の検温を実施しましょう。もし37。5度以上の発熱の場合、ただちに電話で医師に相談し、適切な処置をお願いしましょう。医師の指示に従って診察を受けること、また医師の許可あるまで自宅待機等、その指示に従ってください。無理して外出する事は絶対に避けてください。

3.大学からの指示厳守

春休みは3月31日で終わりました。しかしながら今のところ4月26日まで大学への立ち入りを制限しています。在校生のみなさんにはレポート等、この間に自宅でやるべき事について、ゼミの指導教官、あるいは大学の教員、職員から指示があります。4月1日からは休みではありません。コロナ感染防止対策として大学への立ち入りを制限し、原則として自宅待機をお願いしているのです。用なく繁華街に出かける、カラオケ、ライブハウス等、感染に繋がる恐れのある場所への立ち入りや行為を厳に慎んでください。新1年生のみなさんについても同様です。新1年生のみなさんについても課題についての案内があります。指示に従って必ず実施してください。

4.大学からの連絡確認

3で示したとおり、大学への立ち入り制限のある間に実施すべきこと、あるいは今後の予定など、在校生のみなさんにはポータルサイト、ホームページ、あるいは各自の大学メールアドレスに送信いたします。ホームページ、ポータルサイト、大学メールを必ずチェックするようにしてください。

新入生のみなさまには書簡にてお伝えします。必ず確認するようにお願いいたします。

在校生の皆さん、新入生のみなさん、これから共栄大学を目指そうという志をお持ちの高校生のみなさん、今回の「共栄最前線」は希望に溢れる2020年度のスタートには相応しくない内容になってしまいました。大変心苦しいことですが、この難局を乗り越えて、楽しいキャンパスライフを過ごす事が出来るよう、今は苦しくてもともに乗り越えましょう。

イタリアのジュゼッペ・コンテ首相が言っています。「明日しっかりと抱き合うために、今日は離れていましょう」国難を乗り切るために必要な事は、たとえ直接会う事はなくても友人、ご家族、恩師とは心の中でしっかりと結びつき、お互いの信頼感を高めあう事です。こんな時こそ大学でやるべき事、将来の自分がやりたい事などを考える良い時間として過ごしてみたらどうでしょうか。

2020年4月1日

共栄大学 学長 加藤彰

  • 資料請求
  • PageTop