提案・プレゼンテーションコンテスト

企業や行政機関などに 魅力的な企画を提案して相手の心を動かそう。

授業で学ぶ「プレゼンテーション技法」「ビジネスコミュニケーション」をしっかり身につけるための実践の場、
それが提案・プレゼンテーションコンテストです。
課題の設定に始まり、アイデア出し、資料作成などチームで協力して物事を進める力を養います。

「学生政策提案フォーラムinさいたま」 2年連続で堂々の最優秀賞受賞 学生たちが提案した企画がさいたま市で実現しています。 2013年/「さいたまクリテリウムbyツールドフランス」開催。

  1. 01

    2011年/「ツール・ド・さいたま~
    日本最大級のサイクルイベントの開催」を提案し
    最優秀賞受賞

    さいたま市で行われているスポーツイベントを分析。さらに自転車競技連盟やイベント
    会社の方からお話をうかがうなど企画性・実現性の高さにこだわった提案になりました。

    写真中央 清水さいたま市長
  2. 02

    2012年/
    「さいたま発の盆栽ブランドの開発」を提案し
    最優秀賞受賞

    埼玉の魅力の再発掘からスタート。小さな盆栽を室内で楽しむなど、
    若者を中心に新しい文化が芽生えているところに着目し提案に盛り込みました。

第1回 最優秀賞受賞者の声

大学生活で提案する楽しさを知った。

新しさ、収益性、公共性などをチームで何度も議論し、さいたま市のブランド向上のための"ツール・ド・さいたま~日本最大級のサイクルイベントの開催"を企画。仲間と一つの提案を作り上げる過程では、自分でも気づいていなかった強みを知ることができ大きな自信になりました。

前田 さん
2013年卒業
株式会社あさひ サイクルベースあさひ勤務
千葉県 東京学館船橋高等学校出身

第2回 最優秀賞受賞者の声

アイデアがアイデアを呼び企画になる。

準備で一番時間がかかったのは、何をプレゼンすればいいかという基本の部分。仲間たちと意見をぶつけ合い、たくさんのアイデアを出していると、楽しくなっていき企画が生まれてくる。その時、仕事の経験はこのように身につくのだと思いました。最優秀賞を受賞できたのは、個人の力ではなく、仲間、先生、周りのサポートのおかげです。

佐久間 さん
ビジネスキャリアコース4年
東京都 共栄学園高等学校出身