サポート体制

サポート体制

一人ひとりにアドバイザーがつく、「アドバイザー制度」

学生一人ひとりにアドバイザーの教員がつく少人数のサポート体制。
授業や試験のことだけでなく、将来や大学生活の悩み、小さな疑問にも対応します。

一人ひとりにアドバイザーがつく、「アドバイザー制度」

受講者の声

理解してくれる先生がいるから、全力で学ぶことができます

先生方が学生の夢を真剣に考え、熱心に指導してくださるところが共栄大学の大きな特長です。
教員を目指すことは簡単ではなく、辛くて投げ出したくなるときもあります。そんなとき、いつでも悩みを聞いてくれて、具体的な解決策を一緒に考えてくれる先生方がいるからこそ、僕は思い切って目の前の課題に取り組めたのだと思います。
子どもに寄り添える教員を目指す僕にとって、そんな先生方の姿勢は一つの目標であり、大きな指針になりました。子どもを受け入れるための人間性、そして子どもを成長させられる人間性を得ることが今の目標であり、そして、信頼され、一緒に喜び、一緒に涙を流せる教員になることが将来の夢です。

西 裕人さん

西 祐人さん

教育学部3年
埼玉県 昌平高校出身

先生の声

実践的な学びにはもちろん困難もある。そこを支えるのが我々の役目です。

共栄大学の特徴は何より実践的なカリキュラムにあります。ただし、例えば学校研修などは、大学での授業に比べ、学生が悩んでしまう困難や苦労があるのも事実。
そこで必要となるのが学生を支えるサポート体制です。実践的な授業で学生が力を伸ばす裏側には、学生と教員の密接なコミュニケーションがあるのです。アドバイザー制度や履修カルテといった制度だけでなく、学生との面談内容などはすべて教員間で共有されています。
学生を支えるための環境が仕組みとしてできているからこそ、我々教員も、無理なく学生一人ひとりと向き合えます。学生にはそんな環境をうまく活用して、自分の力に変えていってもらいたいですね。

山田 鋭生 専任講師

山田 鋭生 専任講師

履修カルテ

学生の状況をきめ細かく把握します

教員免許取得に必要な単位の取得がスムーズに行われるように学習状況を教員と一緒に振り返り、今後の計画に活かすツールです。また、単位取得だけでなく、「生きる力」としてきちんと身についているかを評価するためにも活用します。

履修カルテ

スプリング・サマースクール

時間をどう使うかは自分次第

大学の春季・夏季の長期休暇は学習がおろそかになりがちです。共栄大学では教員採用試験に向けて基礎固めをする大切な時間と考え特別講座を用意しています。夢をかなえるため、全力でサポートを行っていきます。

スプリング・サマースクール

ラーニングラボ

あなたの「学びたい」を応援する場所です。

教職経験を長く持つ先生方を中心に、教員採用試験対策指導、苦手強化の個別指導、教育実習指導などをワンストップで行います。また、教職や教員採用試験関係の資料を豊富に取り揃え、学びをサポートするためにあらゆる情報を提供しています。

ラーニングラボ

左から、江口 秀夫 先生(元小学校校長)、中根 政美 先生(元小学校校長)、山田 鋭夫 専任講師、伊倉 昌子 客員准教員、岩川 みやび 専任講師、小川 拓 准教授/ラーニング・ラボ室長、今村 信哉 先生(元小学校校長)

Mini Voice

ラーニング・ラボを使用している
先輩にききました

Q. どんな時に利用していますか?
A. わからないことがあったらとりあえずここにくれば安心です。相談に乗ってもらったり、履歴書の添削をお願いすることもあります。

Q. 便利だと思うところは?
A. 小学校の授業の指導案や教材など、実習で使用するあらゆるものがそろっているので、模擬授業の前などここに来れば安心です。

Q. 通い始めて変わったことは?
A. 昼休みに4年生が教員採用試験対策の講座を受講している姿を見ることで、将来に向けて少しずつ準備を始めようと気合いが入りました。

Mini Voice

Mini Voice

  • 資料請求
  • テレメールで資料請求
  • PageTop