INTERVIEW 卒業生インタビュー

大学での現場教育で身につけた知識や経験を活かし、さまざまな分野で活躍する卒業生を紹介します。

国際経営学部

ANAウイングス株式会社

森田 真央さん

2020年度 国際経営学部卒業

森田 真央さん

ANA ウイングスで客室乗務員として勤務しています。地域密着型の航空会社で社会貢献活動などを大切にしているところが私の性格に合っていると思い、入社を決めました。共栄大学に入学した時から客室乗務員を夢見て、[ エアライン・ホテルアカデミー]に所属し勉強を重ねました。アカデミーの先生から「授業は必ず前から3列目までの席で受けなさい」と言われたことが、今の私の積極性の基礎になっていると思います。はじめは正直大変だなって思ったのですが、先生と近い距離で質問することで積極性が身につきました。コミュニケーションが大切な今の仕事で積極性を持てたことは私の財産です。また先生との距離が自然と近くなったので、「この講義に参加してみない?」など自分では考えもつかなかったようなことをアドバイスいただいたりと糧になることばかりでした。将来はお客様一人ひとりに寄り添った接客ができるオンリーワンの存在になりたいと思っています。私だからできた、私だから頼っていただけた、そんな客室乗務員になること。それが今の私の夢です。

閉じる閉じる

東京地下鉄 株式会社

木下 大哉さん

2020年 国際経営学部卒業

木下 大哉さん

ずっと野球をやっていたのでチームで仕事をする職に就きたいと思い、東京地下鉄に就職を決めました。今は大手町駅で駅係員としてホームでの列車監視や改札でのお客様対応などをしています。大手町駅は構内がとても広く、覚えなければいけないことが多くあり1年目は本当に大変でした。しかしお困りのお客様をサポートし、感謝をされた時は本当に嬉しいです。大学での現場実習や企業訪問などで、社会人としての基本をしっかり学べたことで自信を持って社会に出ることができました。社会人になって戸惑うことがなかったのは大学での学びのおかげです。自信を持ってチャレンジし続け、後輩を指導できるような頼れる先輩になりたいと思います。

閉じる閉じる

株式会社 武蔵野銀行

小原 海斗さん

2020年 国際経営学部卒業

小原 海斗さん

父親が埼玉で会社を経営しているのですが、その影響もあって地元に貢献できる仕事がしたいと思い武蔵野銀行に入行しました。今は営業職で地域のお客様の保険や預金、相続などの相談業務を行っています。「役に立ったよ」「助かったよ」などと言っていただけるととても嬉しいです。大学時代、経営学でSWOT分析を学んだことがすごく役に立っています。企業の強みや弱みなどを分析する手法で、お客様を深く知るために活用しますが、自分自身にも応用し、困難に直面した時にも自分自身の強みでそれを乗り越えられるようにしています。将来は父親の会社のような地元企業に寄り添って、金融支援のみならず本業支援ができるように着実に力をつけていきたいと思っています。

閉じる閉じる

教育学部

三郷市立 八木郷小学校

荒木 美穂さん

2020年度 教育学部卒業

荒木 美穂さん

幼い頃から弟に勉強を教えていて、自然と小学校の先生になることが夢になりました。教員になった時から2年続けて2年生の担任をしています。まだまだ幼い部分が残っている子どもたちは本当に可愛くてしょうがないです。共栄大学の学びは“すべて” 今の私の糧になっています。なかでも特に印象的な教えが二つあります。一つは濱本先生に「学級会は人間関係の折り合いをつける方法を学ばせる時間」と言われたことです。毎月学級会を開くのですが、子どもたちに自分が納得できるようにお友だちとコミュニケーションをとれるように指導することの難しさを含め、日々学級会の大切さを痛感しています。毎日様々なことが起こり大変だと感じることも多々あるのですが、光野先生からいただいた「仕事の核を捉えなさい。子どもは生きて帰せば大丈夫」という言葉に心の底から救われています。子どもたちの成長を感じ、自分の指導力を実感できた時は最高に嬉しいです。受け持った児童たちに「このクラスで良かった」と思ってもらえるような教員でありたいと思っています。

閉じる閉じる

学校法人 叡智学園
みやこ幼稚園

窪田 知恵さん

2020年 教育学部卒業

窪田 知恵さん

中学の職業体験で幼稚園に行ったことがきっかけで、子どもの教育に関わりたいと思い、幼稚園の先生になりました。今は年少クラスの担任をしています。仕事に就いて2年目で任せていただいているのでプレッシャーもありますが、園長先生をはじめ素晴らしい先生方にサポートしていただきながら毎日楽しんで子どもたちと向き合っています。大学時代に学んだ指導案作りの方法や実際の幼稚園の様子を映像で見る授業などが今、本当に役立っています。初めて集団生活を行う子どもたちなので、私の声かけで一度できちんと動けた時は本当に感動します。学年主任の先生に憧れています。将来は私も先生のように子どもたちを指導できるようになりたいと思っています。

閉じる閉じる

春日部市役所

加藤 清峻さん

2020年 教育学部卒業

加藤 清峻さん

教員になりたくて入学しましたがキャリアの授業を受講し、公益に貢献できる公務員に興味を惹かれました。今は介護保険課で事業者のサポートや市民の皆さんの相談対応などをしています。「親身になってくれてありがとう」などと言われると励みになります。教育学部で小学生に教えるためのコミュニケーション方法を学んだことが今の仕事にとても役立っています。市役所には様々な方がいらっしゃいます。それぞれの方に分かりやすく伝えるように努力していますが、それができるのも大学の学びのおかげだと思っています。これからも市民の皆さんに寄り添い、常に感謝の気持ちをもって行動できる自分でありたいと思います。

閉じる閉じる

ページトップへ