共栄データサイエンスプログラム

 データサイエンスは、大学でどのような専門分野を学んでいても、社会に出てから必要となる実学であり、職業の選択や人生の選択肢を広げることに役立つものです。政府の「AI戦略2019」では、文系・理系を問わず、大学生・高等専門学校生が「数理・データサイエンス・AI」のリテラシーレベルを習得することを目標に掲げています。そのためには、数理・データサイエンス・AIへの関心を高めることが大切であり、データを適切に活用する基礎的な能力を身に付けることが求められいます。
 本学では、2023(令和5)年度より「数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラム」に準拠した授業科目を開講し、全学部を対象に「数理・データサイエンス・AI」を学修する機会を設けています。


        〇プログラムの概要
        プログラムの概要


        〇2023(令和5)年度 「特別講義A(データサイエンス)」 授業の方法及び内容


        〇プログラムを改善・進化させるための体制及びプログラムの自己点検・評価を行う体制
         IT都市化センター運営委員会
         委員長 国際経営学部国際経営学科准教授 伊藤大河


        〇自己点検及び評価の結果
         2023(令和5)年度 共栄データサイエンスプログラム 自己点検・評価


RELATED LINK

ページトップへ