NEWS

最新ニュース

【進学相談会】 2017年7月 開催情報 

0409-CIMG0496 0409-CIMG9207

2017年7月に開催される進学相談会の参加予定をお知らせいたします。

7/12(水)マイナビ進学フェスタ 新潟市産業振興センター  10:00 ~ 18:00 (主催 マイナビ)

お近くの方はぜひ会場までお越しください。担当スタッフが入試のことや学校生活のことなどのご相談に応じます。
オープンキャンパスにまだ参加してない方もお気軽にご参加ください。

【大学案内】 共栄大学2018年度版完成しました

共栄大学の大学案内2018年度版が完成しました。

資料請求をして頂いた方に郵送させていただきます。
また、オープンキャンパスや各地の進学相談会などでもお渡しできます。

入学試験要項につきましては7月下旬から配布予定になっております。

共栄大学2017表紙-001

【2017年6月】 加藤学長メッセージ

4.19_kyoei_51

嬉しい知らせが飛び込んできました。共栄大学硬式野球部が、春季リーグ戦を連覇したのです。我が硬式野球部は東京新大学野球連盟に所属し、そのリーグ1部として強豪校と戦ってきました。昨年、ソフトバンクに1位指名されてプロ選手になった投手を擁する創価大学をはじめ、名だたる強豪校を押さえて昨年に引き続いて優勝、全日本大学野球選手権に出場することに、心から天晴れ!と褒め称えたいと思います。

共栄大学には体育会が組織されています。硬式野球、サッカー、テニス、女子バスケットボール、空手、準硬式野球を愛する学生たちが集う集団的組織です。しかし共栄大学体育会はただ単に運動をするだけの集団ではありません。即ち、体育会は本学の建学の理念にもある「至誠の精神」を実行する精神、体力を備えた人間を錬成する教育の場なのです。従って共栄大学体育会に所属する学生たちは、日々の勉学と運動を通して礼節を重んじ、フェアプレイの精神、至誠の精神を自ら鍛錬することで他の学生の模範となるべく日々努力を尽くしているのです。

大学生活において日々の講義を受講し、所定の単位を修めて卒業を迎えることは学生の本分として極めて大切であり、基本的な事であることは言うまでもありません。講義を受けることで学習対象についての知識を得る、興味を抱いた事を研究対象として深く追求し自分の考えをまとめる等、講義に出席する事が大学生活の中心にある事は疑いの余地もありません。講義を通して友人を得る事や、担当教員とのコミュニケーションにより世代の異なる人々との交流も図る事が出来ます。でも勉学を通してだけの交流で、皆さんの学生生活が真の意味で充実していると言えるのでしょうか?私が思うには、大学生の本分である勉学に加えて、部活動、サークル活動を通して友人との間で硬い絆を結ぶことが、大学生活をより一層充実させるために重要なのではないでしょうか。

共栄大学には体育会に属して運動する部活動のほか、サークル活動として運動そのものを楽しむ、また文化的サークルで共通の趣味を通して学生同士の絆を深める等、講義以外の時間に学生同士が触れ合うことの出来る多彩な活動があります。これらの活動を通して仲間の大切さ、協働して事に立ち向かう事の素晴らしさを体験することは、講義を通して得た知識、研究成果に負けず劣らず生涯心に残る「人生の成果」になると確信しています。私が講義だけでなく、その他いろいろな機会を見つけて学生同士の絆を深めてもらいたいと願うのは、体育会要綱にもある「最後の機会をつかむ者は、最後まで希望を失わない者のみである」と言う言葉は、夢を追いかける全ての学生にとって忘れて欲しくない言葉であり、全ての学生がその気概をもって「最後の機会」を目指して奮闘努力して欲しいと思うからです。

2017年6月1日

【硬式野球部】 東京新大学春季リーグ優勝 全日本大学野球選手権 壮行会

DSC_0271 DSC_0280

DSC_0297 DSC_0305

5月30日、東京新大学春季リーグ戦(1部)で2年連続優勝を果した硬式野球部のメンバーが集まりリーグ戦祝勝会
および全日本大学野球選手権に向けての壮行会を岡野記念会館1階食堂で行いました。

加藤学長からの挨拶の後、キャプテンの国際経営学部4年和久津智広君(浦和実業学園高校出身)を中心に優勝報告を行いました。

全日本大学野球選手権に東京新大学野球連盟の代表として出場します。

6月5日9:00(東京ドーム)石巻専修大学(南東北大学野球連盟)と対戦します。

共栄大学硬式野球部への応援よろしくお願いいたします。

【国際経営学部】 スポーツライター 青島健太氏来訪

DSC_0010 DSC_0013

5月24日 国際経営学部の授業「スポーツビジネス論」で元プロ野球選手・スポーツライターの青島健太氏をゲストスピーカーとしてお招きしました。
プロ野球選手のセカンドキャリアや現役時代の話など、貴重な経験をお話いただきました。

当日は学生たちが司会を含め運営を行いました。

『 とても緊張したが忘れられない経験になりました 』
『 プロの世界で活躍されメディアでも活躍されている方の言葉の重み影響力を感じました 』
『 お話を聞いて気合が入りました。これからも野球だけではなく勉強も頑張っていきたい 』

共栄大学では、実社会と座学のつながりを重視し、多様なゲストスピーカーをこれからも授業等に招聘していきます。

【国際経営学部】 特別講義G・日本航空安全啓発センター現場研修

DSC_0701 DSC_0703

国際経営学部・内田学教授が担当する【特別講義G】共栄大学 × スターフライヤーコラボレーションプログラムの現場研修で『日本航空安全啓発センター』へ行きました。

20年以上前の1985年8月12日に日本航空123便が御巣鷹の尾根に墜落し520名の尊い命が奪われてしまった事故のことをまだ生まれてもいない学生たちが事故のことを知り見ることで改めて【安全・命】の大切さを学びました。

【硬式野球部】 東京新大学野球連盟1部 春季リーグ2年連続優勝

DSC_0636 DSC_0684

DSC_0651 DSC_0639

硬式野球部 東京新大学 春季リーグ戦(1部)2年連続優勝

5月18日・19日に大田スタジアム球場で行われた東京新大学春季リーグ最終節。
創価大学と優勝決定をかけて直接対決。
第1戦は延長タイブレークまでもつれる展開で5-4で勝利。第2戦は5-2で勝ち2連勝。
2年連続リーグ優勝を達成しました。

6月5日から開催される全日本大学野球選手権に東京新大学野球連盟の代表として出場します。

共栄大学硬式野球部への応援よろしくお願いいたします。

体育会硬式野球部ホームページ
共栄大学体育会硬式野球部ホームページ

【教育学部】秋田県・東成瀬村教育委員会と教育実習等に関する協定を締結

教育学部が秋田県の東成瀬村教育委員会と「教育実習等に関する協定」を締結しました。

DSC_0056

4月28日(金)小学6年生と中学3年生を対象に実施されている全国学力テストでトップクラスの成績を収めている秋田県の東成瀬村教育委員会と「教育実習等に関する協定」を締結しました。

これは、秋田大学が取り組んでいる「首都圏大学教育実習誘致による交流人口の拡大モデル」づくりの一環としてコーディネイトし実現したものです。

プレスリリース
http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=11349

【サッカー部】 J3「AC長野パルセイロ」とのトレーニングマッチ

2017年5月1日(月)長野県長野市リバーフロントスポーツガーデンにおいて共栄大学サッカー部が
J3「AC長野パルセイロ」とのトレーニングマッチを行いました。

s_IMG_1426

プロサッカーチームとの試合を通し、現在のチームの実力を把握するとともに、今後の意識および技術向上を目指します。

共栄大学サッカー部への応援よろしくお願いします。

共栄大学サッカー部ホームページ

【国際経営学部】 エアラインアカデミー入校式が行われました

4月26日(水)に学内講座「エアラインアカデミー」5期生の入校式が行われました。
学長やエアラインアカデミーを受講している先輩たちも出席し、一人ひとりの決意表明などがありました。

「将来はCA、グランドスタッフになります!」と決意を話す学生が多くおり、意欲の高い学生が集まっています。
講義は始まっており、毎日遅くまで勉強しています。

【エアラインアカデミー】
CA(キャビンアテンダント)やグランドスタッフなど航空業界や観光業界を目指す学生向けの学内講座。語学学習の充実はもちろん、日本トランスオーシャン航空と提携し、沖縄での一ヶ月にわたる航空実務体験プログラムなど空港業務の全てを体験できます。観光ビジネスコースの授業と相互で学んでいきます。
エアランアカデミーページ

DSC_0348 DSC_0369

DSC_0344 DSC_0358

【女子バスケットボール部】 公式ホームページ開設しました

関東大学女子バスケットボール連盟2部所属 共栄大学女子バスケットボール部の公式ホームページを開設しました。
試合の情報や練習会日程のお知らせなど最新情報を掲載してりますのでぜひご覧ください。

共栄大学女子バスケットボール部公式ホームページ
http://www.suncolors.net

関東大学女子バスケットボール連盟
http://www.kanjyo.com/

【正規採用小学校就職率35.8%】 2017年度公立小学校教員採用試験結果

2017年度公立小学校教員採用試験結果

【正規採用就職率・現役】35.8%

kyoei-9446

島田 智之介さん 教育学部4年
埼玉県立朝霞高校出身
埼玉県小学校教諭 合格

早い段階で教師として働く将来をイメージできました

共栄大学は1年次から小学校での研修があり、早い段階から子どもたちとふれあい現場を学べるのが最大の魅力です。教師として働くイメージを早めに明確にでき、高い意識を持って勉強に取り組めました。無事試験に合格できましたが、スタートはこれから。子どもと共に成長し続けていけるような教師になりたいと思います。

161214_178

野口 由紀恵さん 教育学部4年
東京都立本所高等学校出身

東京都小学校教諭 合格

本気で教師を目指す人にぴったりな大学です

授業だけでなく、小学校での実習、教職アカデミー、ラーニング・ラボなど、共栄大学は教師を目指す人を全力で応援してくれる場所。試験対策はもちろん、先生方の熱心な指導は何度もくじけそうになった私を支えてくれました。教師になっても日々学び、子どもたちから信頼されるような教師になります。

【国際経営学部】 大学生のための県内企業魅力発見事業 活動報告

大学生のための県内企業魅力発見事業とは?

埼玉県内の大学に在学する1・2年生を対象に、県内企業の協力のもとに実施する課題解決型授業(PBL)を通して、身近な魅力ある企業に目を向けてもらうとともに、職業観や主体的に学び、行動する姿勢を身につけることを目的に実施するものです。 *PBL:Project Based Learningの略

埼玉県内の企業と連携するこの新しい学びの授業で、社会人へのインタビュー企業が直面する課題に本気で向き合う体験を重ねながら学生は大学で学ぶことの意義をしっかりと理解し、少しずつ「はたらくこと」の意味に気がついていくことができました。

http://www.kyoei.ac.jp/discovery.html

【国際経営学部・教育学部】 保護者会懇談会を開催しました

4月4日(火)の入学式の後、春日部市民文化会館から共栄大学へ場所を移して保護者会懇談会を開催しました。

加藤学長の挨拶から教育学部・国際経営学部での4年間の生活・学生サポートについて教職員から説明の後、学内見学を行ないました。多くの新入生の保護者の方にご参加頂きました。

DSC_0342 DSC_0330

【学長メッセージ】 平成29年度入学式 学長式辞

DSC_0334

みなさん、共栄大学へのご入学、誠におめでとうございます。
またご家族のみなさま、お子様方の大学ご入学、大変おめでとうございます。
教職員、また在校生一同、みなさんの入学を心から歓迎いたします。
学長の加藤です。

みなさんの中には大学卒業後、大学院へ進まれるかたもいると思いますが、まずは社会への直前段階である大学生活が始まります。
大学を卒業後の進路について既に明確にその姿を思い描いている方も、未だそうではない方もいらっしゃると思いますが、みなさんいろいろと夢と希望を膨らませていることと思います。共栄大学ではそんな夢を形作り、実現へと結びつけるため、みなさんとこれから一緒に歩いていきます。その道は楽なものではないかもしれません。しかし学生のみなさんと教職員の距離が極めて近いという、共栄大学の規模のメリットを十二分に生かしてしっかりと、そして着実に夢の実現に向けて教職員はみなさんと一緒に歩みを進めていきます。

そのために2つのことを、入学式のお祝いの言葉とともにお願いしておきます。
その一番目は頭を柔軟にして「考える力」を身に付けて欲しいということです。
これまでのみなさんは、一つの正解を素早く導き出し、決められた時間内に設問に回答する試験学力の向上に頑張ってこられたと思います。
この試験学力、もちろんこれからも必要な力ですが、これからはそれに加えてみんなで議論し合って結論を導き出すこと、またいろいろと多岐にわたる着眼点から考察して結論を導き出すことも必要な学力になります。即ち、たった一つの正解を暗記して答えを素早く用意するのではなく、いろいろなアプローチで考え抜き、またいろいろな答えを比較して、問われたことに対してもっとも適切だと思う答えを導き出すことも求められる力のひとつとなります。答えはその時の着眼点によって異なってくるでしょう。また社会状況、その人が置かれている立場等によって違う場合もあります。頭に入れた知識を知識として暗記するだけで終わらせるのではなく、知識に知恵を組み合わせて自分の考えをしっかり作ってください。他の人の意見をしっかり聞いて、それに対する自分の考えをまとめる。そして自分の考えを他の人に伝える、こんな力はみなさんが社会に出て、そこで生き抜くために必ず必要となる学力です。

こんな話があります。
ある小学校の低学年における理科の授業での出来事です。先生が生徒たちに質問をしました。「氷が溶けたらなにになりますか?」子供たちが一斉に答えます。「氷が溶けたら水になります!」なかには化学式の知識をもっている子供もいました。「H2O!」なんて答えます。そんな中、教室の片隅の小さな女の子がそっと手を挙げました。「先生!氷が溶けたら、氷が溶けたら・・・春になります」これは理科の時間の試験学力だとしたら正解ではないでしょう。だけどこの女の子のその時の気持ちをそのまま表現したのだとしたら、これも正解のひとつではないでしょうか。このように自分でいろいろと着眼点を考えるには、是非本をたくさん読んでください。本を読むと多くのことを想像し、考える力が自然と身に付くようになります。

2つ目に大学生活ではぜひコミュニケーション力をつけて欲しいと思います。
就職活動において、企業が求める力はコミュニケーション能力だとはよく聞く話です。人と人が理解し合いながら仕事を進めていく企業においては当然求められる力だと思います。ただ学生の皆さんの中には、このコミュニケーション能力を一部誤解している人もいるようです。例えば自分は部活でバスケットボールをやっていて、チームをまとめたのでコミュニケーション力に自信があります。という学生は結構多いようです。確かに学生を取りまとめる力も立派なコミュニケーション能力です。ただこれだけでは一部のコミュニケーション力を備えているとしか言えません。本当のコミュニケーション能力とは、学生仲間、即ち同年代の人々とのコミュニケーションに加えて、様々な年代の人ともコミュニケーションが取れること、また自分とは異なる文化背景を持つ人々とコミュニケーションをとることが出来て初めて、真の意味でコミュニケーション力があると言えるのです。

みなさんは大学生活の中で出来るだけ多くの友人を作り、お互いを良く理解するためにコミュニケーションを取り合ってください。それにより同世代とのコミュニケーション力は飛躍的に高まります。

同時にみなさんよりはるか上の世代の方々とのコミュニケーション力向上にも努めてください。高齢化が進む現代、ご親戚をはじめ多くのお年寄りと出会う機会があります。異なる世代の方々とのコミュニケーションに努めてください。もちろんみなさんがこれから出会うゼミナールの指導教官との間でも、異なる世代の人とのコミュニケーション力を高めることは出来ます。本学の教職員と大いに話し合い、自分の考えをしっかり伝える良い機会にして頂きたいと思います。

更にはグローバル化が進み、世界が小さくなった今、様々な文化背景を持つ人々とのコミュニケーションが取れなければいけません。本学には多くの留学生が在籍しています。様々な文化背景を持つ留学生を含め、学生の皆さんがお互いの理解を深めるために自分が育ってきた文化について語り、また違う文化背景の人から話を聞けば、自然とコミュニケーションの力が身についてきます。大学生活において、同世代の仲間との会話、高齢化社会の中での年長者との会話、異なる文化背景を持つ留学生との会話を通し、本当のコミュニケーション力をつけて頂きたいと思います。

みなさん!いよいよ大学生活が始まります。緑あふれる共栄大学というキャンパスに自由に夢を描いて、なりたい自分になれるよう努力しましょう。

先ずは夢を持つことです。みなさんも良く知っている明治維新の精神的指導者と言われた吉田松陰はこんなことを言っています。
「夢なき者に理想なし。理想なきものに計画なし。計画なき者に実行なし。実行なき者に成功なし。ゆえに夢なき者に成功なし」
夢を描くことが出来なければ、絶対に成功はないと言っているのです。みなさんも共栄大学で過ごす中で、大きな夢を描いてその夢を我々と一緒に形にしていきましょう。私たちもそんなみなさんに寄り添って今日から一緒に歩き始めます。

共栄大学のキャンパスで、笑顔で挨拶を交わしましょう、そして触れ合いを大事にしてみんなで成長していきましょう。
これからみなさんと過ごす共栄大学の学びと生活を楽しみにしています。

本日はご入学、おめでとうございます。

2017年4月4日 加藤 彰 

春日部市民文化会館にて

DSC_0348 DSC_0330

DSC_0327 DSC_0359

DSC_0361 DSC_0354